メラトニンについて

メラトニンについて

 

今回は眠りと実に深い関係性を持つメラトニンに焦点を当てて解説していきます。

 

「メラトニン」とは、一言で表すならば眠りをサポートするホルモンです。

 

夜になると人間の体温や脈拍、あと血圧などは次第に低下していって体全体がリラックスモードに入り、一日の終わりには眠りに就く形になりますが、それにはメラトニンが密接に関わっています。

 

このメラトニンの働きによって、覚醒と睡眠のサイクルを上手に調整し、人間の体は毎日ナチュラルに眠気が来るようになっているわけです。

 

メラトニンのリズム

 

ちなみに、メラトニンには時差ぼけを防ぐ効果もあります。そのため市販の時差ぼけ予防の薬の成分にも含まれています。気になる人は一度裏面の成分を見てみてください。

 

メラトニンをUPさせるには

 

それではメラトニンはどうすればアップさせることができるのでしょうか?

 

それを知るにはセロトニン(ホルモン)という物質について理解しておかなければなりません。

 

まず、このセロトニンというホルモンはトリプトファンという物質を材料として成り立っています。 そしてトリプトファンはバナナや牛乳などに含有されています。

 

そしてセロトニンが分解されることによって、メラトニンの分泌が促されます。

 

ややこしくなってきたのでまとめると、以下のようになります。

 

メラトニンを増やすには

バナナ・牛乳を食べる → セロトニンが分泌される → メラトニンが分泌される

 

メラトニンは、米国では、深い眠りするのに有効なサプリメントとして注目されています。未だと多くの睡眠計サプリがメラトニンUPを謳い文句に販売を展開しているので知っている人も多いかと思います。

 

ちなみに、メラトニンは睡眠に働くだけでなく、細胞の若返り効果があることも分かっています。

 

それが理由で最近ではアンチエイジングに熱心な美容部員の方々からも熱烈な視線を集めているそうです。

 

詳しい仕組みは専門的な話になるのでアレですが、簡単に説明すると睡眠をきちんとることで、このメラトニンが脳の中で分泌され、若々しさに繋がるそうです。

 

 

国内でメラトニンをどうにかして増やそうとしたらサプリメントが一般的ですが、もし、サプリではなく食品で摂りたいという場合はアブラナ科の野菜のケールが最もお奨めです。

 

ケール

 

ケールというとスーパーなどで見かけることも少なく、料理でもあまり使われないので日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんね。

 

最もメジャーなのは青汁の材料として使われている点でしょうか。

 

 ケールはレタス・キャベツ・ブロッコリーなどの原種のあたる野菜で、ビタミンや食物繊維、カルシウムなど、両黄色野菜ならではの豊富な栄養がウリです。(裏を返せばそれだけ栄養満点だから青汁の材料に使われている、ともいえます)

 

そんなケールをもっとも簡単にとる方法としては、上でも挙げたように青汁が一番。

 

 

メラトニンを分泌する為には、就寝時間に入る前の夕方以降に飲むのが効果的です。メラトニンは、ナチュラルに人の身体の中でつくられるホルモンなので、それに合わせて青汁を飲む、というわけです。

 

夜に眠り朝目覚めるという、正常な生活サイクルを保っているのであれば、毎日健康に睡眠の問題とも無縁で過ごせるはずです。

 

ただし、メラトニンの分泌は年齢と共に減すこします。 また、不規則な生活をしてると、メラトニンが正しく分泌されない場合があります。

 

もし、夜明け前の暗い時間帯なのに目が覚めてしまう方は、メラトニンが足りないかもしれません。

 

それを補足する為に、夕方以降にサプリメントなどを摂ると、効率的に寝つくことができて、朝早く目覚めることもなくなってくるでしょう。

 

 いくら寝てもまだ眠い・・・|TOPに戻る