過眠症による副症状

過眠症が原因で起きる様々な副症状

夜更かしをする男性

 

 

睡眠不足の問題は体に様々な悪影響を与えて日常生活のパフォーマンスを低下させますが、実は問題はそれだけに留まりません。

 

 

過眠症による副症状には以下のものが挙げられます。

 

  • 情動脱力発作
  • 睡眠麻痺
  • 入眠時幻覚
  • 自動症
  • 深い眠りの妨害

 

ここではこれらについて具体的に解説します。

 

過眠症がもたらす副症状

 

情動脱力発作

 

「怒りで体が震えた」というのは尋常ならざる怒りを感じた時に使うフレーズですが、その状態のことを実は情動脱力発作といいます。

 

これは日常生活の中で並々ならぬストレスから怒って興奮した際に、全身の力が抜けて肩や膝がガタガタすることを指します。

 

例えば持っていたものを下に落としてしまったり、歩いている最中に突然ガクンと座り込んでしまったり、など。

 

また、人によっては声を出すための声帯や表情筋に力が入らず、言葉が上手に話せなくなることもある様です。

 

 

睡眠麻痺

 

次に、睡眠麻痺というのは、入眠する場合に幻覚と金縛りが起こる状況です。

 

体が起きている状態(覚醒)から体が眠る睡眠への移行の際に、急に肉体に力が入らなくなったり、声も出せなくなったり、体がいうことを聞かないという状態がいわゆる「金縛り」です。

 

金縛りにあう女性

 

実は睡眠麻痺も入眠における初期の段階に頻発する現象です。

 

酷い人の場合だと呼吸にも差し支えがでて、それこそ幽霊に悪さをされているのではないかと錯覚するほどです。

 

そして多くの場合、幻覚や恐ろしい夢を見ます。

 

※金縛りについてはこちらのページでも書いたので参照下さい。

 

入眠時幻覚

 

入眠時幻覚というのは、入眠時の半分起きて半分寝ているような時に、すごくハッキリとした夢の様な幻覚を観ることを指します。

 

入眠時幻覚の具体的な事例としては以下のようなものが挙げられます。

 

  • 何者かが自宅ドアのカギをこじあけて部屋の中に入って来る
  • 寝ている自分の体の上に重しや、えもいわれぬ“何か”が乗っている感触がある
  • 見たこともない凶暴な動物のようなものに襲われる
  • 何者かに追われて必死に逃げている  などなど・・・

 

これら入眠時幻覚はどれも基本的に悪夢といわれるようなものばかりで、そこから逃げるために浮遊感覚に陥るケースも稀にあります。

 

あるいは、自分自身が飛んで窓から外へ出て行くっていう、浮遊感覚が起こることもある様です。

 

 

自動症

 

自動症というのは、その名の通り、体が意識とは関係なく自動で動いてしまうもののことです。

 

自動で動いている間は本人の脳は寝ている状態なので意識はなく、後で振り返っても自分がやっていたことを思い出すことはできません。

 

まれに、「朝起きたら汚い部屋が凄く綺麗になっていた」というケースがありますが、これは児童症で夜中の間に勝手に掃除をしてしまったがゆえの結果です。

 

 

深い眠りの妨害

 

最後に、深い眠りの妨害は、睡眠サイクルが乱れることで夜深い眠りにつけない事です。ハッキリとした夢を観ることによって、充分に寝た感覚が得られないことを指します。

 

過眠症では、大脳が覚醒時に近いレム眠りが頻繁に発生しています。このため、深い眠りに入ることができないというわけです。

 

深い眠りが妨害されると、頭が重く感じたり、頭痛がしたり、複視等の要因にもなります。

 

ほんのちょっとでも自分の体に心当たりがあれば、大事になる前にきちんと対処したいですね。

 


 いくら寝てもまだ眠い・・・|TOPに戻る