市販の睡眠改善薬

睡眠薬と睡眠改善薬の違いを知ろう

 

どんなに寝ても眠気が収まらないという時は市販の「睡眠改善薬」を上手に使うことで、質のよい眠りをとることができ、睡眠の問題が改善する場合もあります。

 

しかし、そうするためには正しい知識はもちろんのこと、用法・用量もキッチリを守らなければいけません。

 

睡眠改善薬を正しく使いこなすには、そもそもコレが病院で処方されている世間一般でいわれる「睡眠薬」とどう異なるのかを正しく理解していなければなりません。

 

睡眠薬は大脳の働きを抑える抑制系神経伝達物質「GABA」の作用を促して睡眠・鎮静作用を発揮しますが、睡眠改善薬は脳の覚醒を維持する「ヒスタミン」を抑制して睡眠作用を発揮するものです。

 

要するに、睡眠薬は積極的に眠気を誘う薬で、睡眠改善薬は結果的に眠たくなる薬です。

 

睡眠改善薬の中でも塩酸ジフェンヒドラミン(ヒスタミンの働きを抑える働きがある)を使用しているものは、ドイツ、アメリカ・イギリス・といった国々で広く普及しています。

 

正しい服用法と、服用後の注意は?

睡眠薬

 

睡眠改善薬の正しい服用法について説明します。

 

これは精神疾患等の元からの病気を理由に睡眠障害になったのではない人(つまり、外的要因によるストレスなどで、一時的に不眠の症状になった人)が主に服用することを想定して作られています。

 

あくまで数日から1週間程度の期間での不眠にのみ使用し、それ以上の連用は避けるべきだとされています。

 

もちろん服用後は車に乗ったり、機械の操作を行わないように気をつけてください。

 

翌日にだるさや眠気が残っていた場合も同様です。2〜3回の服用後にも眠りが改善されない場合は、きちんと医師や薬剤師に相談したり、専門機関で受診しましょう。

 

「不眠症かも」と思ったら、きちんと医師に相談をしよう

 

不眠は身体面だけでなく、精神面、行動面にも悪影響をおよぼします。

 

一時的なものであれば市販薬を利用するのもひとつの方法ですが、不眠が週に3回以上あり、しかもその状態が1カ月以上続く場合は「不眠症」の定義にあてはまります。

 

もし、自分がそのケースに当てはまるようであれば医師からの診断を受けなければなりません。なるべく早く毎日の睡眠習慣を見返して、意識的に改善するように努力したいですね。

 

睡眠薬などを服用してはいけない人

 

  • 15歳未満の小さな子ども
  • 妊婦の女性
  • 不眠状態が日常的に続いている人
  • 医師から不眠症の診断を受けている人
  • 人工透析を受けている人

 

こんな物との併用はダメ!
  • ほかの催眠鎮静薬
  • せき・たん止め
  • かぜ薬
  • 解熱鎮痛薬
  • アルコール
  • 鼻炎薬・酔い止め・アレルギー薬(抗ヒスタミン剤含有内服薬)

 

不眠にはこんな悪影響が……

不眠に悩む男性

 

眠れないと心も体も調子が出なくなり、イライラや疲れの原因になります。眠れないのを気にしすぎるのもよくないので、あまり悩みすぎず、気楽に構えておくのがよいでしょう。

 

身体面

睡眠中に蓄えれられるはずのエネルギーが蓄えられないので、体力が低下。自律神経やホルモンのバランスが崩れるので、免疫力の低下にもつながる。

 

精神面

暗い気持ちになったり、何ごとにも消極的になりがち。場合によっては、偏頭痛・吐き気・食欲不振などが起こることもあり、精神衛生上にも悪影響をおよぼす。

 

行動面

注意力・判断力が散漫になり、いろいろな場面でミスを起こしやすくなる。作業能力も低下するので、簡単な仕事にやたらと時間や手間がかかることも。

 

 

参考URL→エスエス製薬

 

ドリエルのホームページでは、質の高い睡眠をとるための今すぐ使えるテクニックなども一覧形式で紹介されています。 良かったらぜひ読んでみてください。

 

 いくら寝てもまだ眠い・・・|TOPに戻る